記事を書く

マイペースに記事を書く

クラウトロックとはなんなのか?

最近クラウトロックについての書籍を読んだので軽くまとめる。

クラウトロックとは何か。
まず前後の歴史から見ていくと、その重要性が見えてくると思う。

時代は60年代後半から70年代前半にかけて
クラウドロックは
第2次世界大戦で敗北し何もなくなってしまった環境にあったドイツを経験した世代、もしくはその子供の世代が作る音楽である

何もない廃墟の上に新しい街が作られても蘇らない、何処かに置いてきてしまったかつての活気。戦争の惨さを子供に伝えることがあえて避けられた時代。すべての大人がタブーを共有していた時代。

クラウドロックは決して流行歌などではなく、街から外れた深い森の中でひっそりと生まれてきた空気がある。
始まりもなく終わりもなく坂のない平坦な道をただ突き抜ける列車、変わりのない森の景色をずっとみているような感覚から生まれる。

60年代後半といえばアメリカではサイケデリックロックの真っ只中で合法的にLSDが出回った時代。
ガガーリン地球は青かった。宇宙から見れば国境はなく1つである。といって幻想的に盲目的に何処かに存在するかもしれない世界平和が願われた。1番ハッピーな時代だと思う。
無視できないのはやっぱりビートルズで現代音楽とロックを融合したのは大きい。lsdと現代音楽はやっぱり相性がとてもいい。

現代音楽も戦時中の音響実験の恩恵が大きい。
空間をシミュレートするリバーブやディレイ、変なシンセもどきの発信音がなるオシレーターなどモーグシンセサイザーが形をなす前の段階。あらゆるがらくた器機がぐちゃくちゃに繋がれた巨大兵器。いんちきくさい科学者の匂いまでする、もう戦後に用済みとなったゴミから産み出されたと言っても間違ってはないと思う。

多くのミュージックがそれを手にいれて試す。
ビートルズでいえば音の逆再生や街の環境音を取り入れたミュージックコンクレート、音響の巨大機械を用いた変な(当時では宇宙人の映画でよく使われたような)音を駆使してロックの文脈に取り入れた。

もちろんクラウトロックの音楽家もその流れは無視できない。
この狂人じみた音の実験を受け継いでいる。

もうひとつ大切な潮流はフリージャズであり、
音楽的に高みを目指すインテリでもあるジャズだが
音楽的理論を突き詰めたあと見えるのは、結局どの音を使ってもいいっていう極致である
クラシック音楽と同じ道をたどり、ジャズは西洋音楽、コードやスケールの限界に直面する。

そうなってしまえば素人が演奏するのも玄人が演奏するのもぐちゃぐちゃにぐにゃぐにゃになってしまえば同じことで、急激に音楽をつくるハードルを下げたといえる
もちろんlsdとの相性もよく。ぐちゃぐちゃにキマった中でぐちゃくちゃに演奏、セッションするなかで多くの名演も生まれている。
セッションで即興的に音楽をつくるっていう発想自体、ロックにもたらした恩恵は大きい。

クラウトロック後の音楽は何か。
1つは瞑想音楽である。これもインチキ臭いオカルトマニアが好きそうなやつで、みんな大好きタロット占いや第六感、チャクラにまで結びついてしまう。見も蓋もない西洋的科学的根拠と東洋の伝統的な魔術の力で生み出された音楽である側面もある。

この辺りは詳しくはないけど、聞き流す音楽であるアンビエントイージーリスニングニューエイジなんかも時代毎に結びつきがあり、最近のチルってやつもこの辺りの潮流を組んでるらしい。勉強不足だけどまた何かで書きたい。

もっと言うとノイズしかないハッシュ系のインダストリアルとか頭蓋骨を砕く音をサンプリングした邪悪な獄中音楽とかまじで頭おかしい系統の音楽の元祖とも言えなくない。無視はできない。

もうひとつはビート音楽、アフリカンバンバータを起点としたエレクトロやヒップホップへの影響がよく言われるけど、
70年代のディスコ、ファンク、80年代のハウスやテクノ、以降のクラブ音楽はすべての元祖、ロックのビートルズに匹敵するといっても過言ではない影響力のあるクラフトワークっていバンドもすごい。
クラウトロックのバンドが4つ打ちのビートを発明する。これにはパンクのギターの刻むリズムも相互作用的に影響してるとも言えなくない。
拡大解釈したらテクノからエレクロトニカ、もうなんかすごいことになる。(この辺りのクラフトワークymo、テクノ、エイフェックスツイン、フライングロータスまで経由する音楽的な流れもいつか書きたい)

コスミッシュ、この音楽と宇宙の関わりはクラウトロックの中からも結び付く。
90年代あたりから生まれる、クラブミュージックでのコスミッシュはビートが存在するがらクラウトロックにおけるのは瞑想音楽に近い。クラブミュージックにおけるコスミッシュはディスコのゲイカルチャーやパンクの反社会的ファッション、変人狂人が結び付く新時代のコスミッシュなのである。

もうひとつはロックと電子音楽の融合っていうのもでかい。生演奏とコンピューターで演奏される音の融合である。U2のkid Aなんかよりずっとずっと前から達成してる。(というかU2が影響下であると明言してる)シンセポップ、ニューロマンティック、インダストリアルロックの元祖でもある(たぶん。あんまり詳しくないからいえないけど)。クラウトロックの中で、シーケンサーと生演奏が融合したっていう功績が大きい。音楽的実験の賜物である。(これも書きたいのよね。電子楽器とロックがどうかかわってきたのか)

あとなんやかんやオルタナティブロックへの影響がでかい。マイブラソニックユースのノイズをロックに持ち込む音響的実験をうむ親とも言える。

ある程度要素が揃ったのでクラウトロックの核を書いていく。

ひとつはLSDで楽しくなったミュージシャンのセッションから生まれたもの。
拍もなくぐちゃぐちゃなものは、ある意味フリージャズ、フリーロックであり、素人が演奏するパンク的アティチュードであり、サイケデリックロックであり、実験音楽でもある。
その中でも実験性が高いものは崇高な音楽へと変化していき、スピリチュアルでより精神世界の高みを目指す中でもクラウトロック後期には瞑想世界に入ってしまう。
もちろんオカルトで都市伝説やUFO信者、霊的儀式を行う悪魔崇拝者なんかが飛び付いて、その精神的高みは資本主義社会の中で消費されていく。

もうひとつはその音楽的な実験が商業的成功へと導く例。音楽的特徴は難しいがインテリなミュージシャンから産み出されるアフリカンなフレーズやモード的な西洋音楽に縛られないフレーズ、インドや南米の民族音楽的なものがLSDの基で統合され次世代のビートルズといえる新しいロックの形が産み出される。これらのアメリカのオルタナティブロックへの貢献は少なくない。

もうひとつはミニマムの発見。現代音楽にあるミニマムミュージックのロックへの転移。同じことを繰り返すことで生まれるノリ。初期のクラフトワークこそ永遠に続く列車のようなビートである。
クラフトワークはすべて打ち込みでやっていたため、人の匂いを消す、すべての音が均一に平等に演奏されるっていうのもめちゃくちゃでかい発想の転換だと思う。(これは以降の電子音楽、デスクトップ音楽の歴史とも言える)
それがパンクの風にのり、商業用に変化し、曲は短くなり、というなかでノイ!がハンマービート、4つ打ちのリズムを発見する。以降のダンス音楽の影響は書けないから省略する。
しかしミニマムの再発見、この発想の転換はマイルスデイビスのkind of blueやファンクの発明なども同じと言え、これらが同時期になされていることが面白いと思う。(この説明でどれだけの人が分かるか分かんないけど書きなぐっておく)

もうひとつは打ち込んだコンピューターミュージックと生演奏が同時になされるという発明である。
シーケンサーが生演奏に取り入れられたのはクラウトロックからと言える(要確認)。以降の(もう前に書いたが)インダストリアルロック、デジタルハードコア、ニューロマンティックなんかもこれらの後続である。

以上。言葉足らずであるがまとめるのを終わりたい。見えない音楽の線、文脈は己の知識と想像力で補ってほしい。

フォークミュージックから見るギター史

音楽史を体系的に見ようという趣旨の記事です

勉強不足かもしれませんが許してくれ

 

ブルース、カントリーとかのいわゆるルーツミュージックから攻略することにした

手っ取り早くオルタナのこととかやりたいけど

順序立てて学ぶことにする

 

1 伝統的なフォークミュージック

後に反戦運動や政治の抗議などで用いられることとなるフォークだが

元来は民謡をさす言葉で、現代のものをコンテンポラリーフォークと区別されることもある

 

イギリスではアイルランドイングランドの伝統歌

アメリカでは移民によってもたらされた歌(もちろん英国含む)がルーツとなる

日本でも有名な民謡といえば

アルプス一万尺、きらきら星、大きなノッポの古時計、アメイジングレース、

多くの国で生まれ、時代もバラバラ、讃美歌だったり軍歌だったりルーツも多様である

おそらく代々受け継がれている伝承歌、みんなが知っている歌みたいな位置なんだろう

 

2 フォークロックリバイバル

1930年から1950年にかけて、これらのルーツミュージックが多くのミュージシャンにカバーされる現象が起こる

それをフォークミュージックリバイバルという

 

30-40年代の初期のフォークリバイバルの人物としてウディガスリーがあげられる

彼はラジオを通して伝統的なフォークミュージックの放送演者として商業的な成功がある

一方、政治批判としてプロテストソングを書くようになる。

40年代には反資本主義、反ファシスト反戦などを掲げ活動する

 

こうした思想がフォークソングの1つの側面として定着する

後に60年代の公民権運動や反戦運動として結びつき

ボブディランなどのフォークシンガーに収まらず、ソウルやロックと結びつき

ジョンレノンやニールヤングといったアーティストにも受け継がれることになる

 

初期のフォークリバイバルからカバーだけでなくオリジナルも見られる

伝統的な歌とオリジナルを歌う演奏スタイルや演奏会場に差異はなく、まとめてフォークソングとして定着したのだろう

初期のリバイバルにおいてバンジョーアコースティックギターウッドベースといったある種伝統的な演奏形態が多かった

後にバンジョーは少なくなり、アコースティックギターの弾き語りが中心になっていく

 

初期のリバイバル第二次世界大戦の終焉、冷戦(1945-89)がはじまると同時に衰退していく

当時、政府が共産党やその支持者を排除する赤狩りが行われた

1949年中国の共産主義政権の成立、48-49年のベルリン閉鎖、50-53年の朝鮮戦争など激動といえる時代背景が活動に拍車をかけることになる

反政府の歌といえるプロテストソングが衰退するのも時代の流れだといえる

 

3 60年代カウンターカルチャーとしてのフォーク

1958年の民謡「トムドゥリー」がヒットする

それが火種となりフォークシンガーが多く輩出される

ボブディランもその一人である

彼らはフォークで時代を動かしたといえるが 

また、時代がフォークを求めたともいえる

 

60年代のカウンターカルチャーはそれ以前の反権威主義運動として区別することができる

第二次世界大戦後のベビーブームが

前例のない潜在的不満を持った多くの若者を生み、民主主義や社会のあり方を問う時代となった

アメリカはあらゆる国へ軍事介入を行い、失敗し、政府への不信がつのる

また核戦争への瀬戸際であったキューバ危機(1962)

部分的核実験禁止法案(1963)の意見の対立

また、黒人差別や環境問題、同性愛者や女性への差別などの社会問題がカウンターカルチャーをより大きなモノにしていった

 

60年代のフォークはオリジナルがほとんどである

メッセージソングやプロテストソングの旗手としてボブディランは評価されるようになる

 

1964年頃からブリティッシュロックがアメリカ上陸する時代でもある

ローリングストーンビートルズといったイギリスのアーティストがフォークシンガーであるボブディランとも交流するようになる

 

交流は双方向に影響を与える

ラブソングしか歌っていなかったビートルズが哲学的、文学的な詞を書くようになり

アコースティックだったフォークにエレキギター、ドラムといった楽器が持ち込まれる

 

伝統的なプロテストソングの支持者からは批判があるものの、この新しいフォークロックというジャンルは、若者など新しい支持層を生むことになる

またボブディランの曲もR&Bやロックといったジャンルに傾倒していく

 

他の多くのアーティストの流れもそんな感じじゃないのかなたぶん

 

4 70年代から

 まだそんな知らん!!加筆まて!!

ミュージカルから見るギター史

体系的に音楽史を見ようとする取り組みです

勉強不足で足りない、間違った箇所は許してほしい

 

1回目のブルースに続きジャズを書こうと思ったのですが

その源流となるミュージカル、カントリー、ゴスペルなどを先に書かないと

と思われたので

 

1 ミュージカル前史

ミュージカルの最も大きな源流はオペラにある

 

歌唱劇であるオペラの成立は16世紀のルネサンス後期まで遡るが

17世紀からセリフも交えたオペラコミックが生まれる。

有名なところはカルメン

この頃から歌芝居や風刺など内包する喜劇的な大衆的なモノとなっている

 

19世紀半ばから娯楽性の高いまま「天国と地獄」「こうもり」など2時間程度のオペレッタに発展し

ヨーロッパからアメリカのニューオリンズなどに持ち込まれることになる

 

第一次世界大戦(1914-18)の作品ではオペレッタとミュージカルはのものは過渡的なモノも見られる

オペレッタとミュージカルの明確な区分は難しく

セリフがないミュージカル、歌もこなすオペレッタ役者など存在する

オペラが役者(ダンサー)、歌手が分かれているのに対し、

ミュージカルはダンスや歌、踊りをこなす

 

 

もう一つ、エンターテイメントショーとしての側面を別の芸能から影響を受けることになる

 

ミンストレルショー

白人が黒人のステレオタイプを真似し風刺したコメディ

踊りや寸劇、音楽など交えたモノ

1830年代から始まり1910年代まで職業としてあった(1964年の公民権法まで残り火はあったようだが)

源流は中世ヨーロッパ貴族たちに向けた道化師などのよう

黒人とショーの関係の発端として、後のミュージカルにも影響を与えたことは無視できない

 

バーレスク

アメリカ式のバーレスク1860年から1940年まで人気があり

キャバレーやクラブでショーガールがバラエティショーを行うモノだった

後期にはストリップや猥雑なコメディが行われる

歌やダンスも織り交ざっている

ハリウッド映画で1930-60年にかけて全盛期のバーレスクをミュージカルで再現したり、シーンを織り交ぜたりと、ミュージカルとも関わり深い

1990年代からリバイバルも行われているらしい

 

ヴォードヴィル

起源は17世紀末のパリだが米国においては手品、踊り、歌、漫才などのショー

見世物師として有名なのはチャーリーチャップリンなどがあげられる

19世紀後期の映画発明からサイレント映画において重要な位置を占め

1927年に音が付いたトーキーが出るまで流行する

 

他にもいろいろ影響しているが

これら音楽劇とショーの集合体としてミュージカルは成り立っていく

 

明日加筆する

ブルースからみるギター史

僕もあまりよく分かってない音楽史を俯瞰してみようとする取り組みです

足りてないところ、間違っているところは許してくれ

 

1 ブルース前史

19世紀後半からアメリカ南部では多くの音楽が生まれる

カントリー、ジャズ、そしてブルース

ブルースは音楽形式であり、ジャンルであり、黒人の生活の歌でもあった

ブルースのルーツは多くが語られており、労働歌、宗教歌、歌謡曲などがそれだ

 

そしてアフリカからアメリカへ強制移住させられた人々なしに語れない。

 

1492年にコロンブスアメリカ大陸を見つけてから1861年に至るまで連行され

黒人たちは全く違う環境下での生活を強いられる1863年奴隷解放宣言)

北米ではアフリカ起源の楽器やダンスなどを厳しく禁止したのに対し

カリブ海では中南米では比較的ゆるかったそうだ

カトリックプロテスタントが影響している

彼らがどんな演奏をしていたのか録音技術がない時代なので、知る由もないが

文献ではうめき、詠唱、救いの叫びなどと書かれている

アフリカでは共同社会が中心で大人数で踊ったり唄ったりするものらしい

 

1800頃からが黒人聖歌の時代とされる

聖書の言葉、コール&レスポンス、アフリカ由来のリズム、ヨーロッパからもたらされたスコットランドアイルランドブルーノートスケールの旋律、繰り返し、シャウトなどが混ざり合い形成される

 

労働の中で歌われるワークソング、集団で力を合わせるためのリズムでフレーズを歌い、呼応するコール&レスポンスが中心

奴隷解放後の一人で歌うためのフィールドハラー

パーティのための歌などブルースのルーツは生活に密着している

この辺りは音源探せば見つかる

 

初期はバンジョーや動物の骨、19世紀後期からはギターが普及する

ヨーロッパから伝承歌が伝わり黒人の英雄や悪魔、事件などをテーマにバラッドが作られるようになる

それまであった黒人のメロディとバラッドのコード進行を持った定型がブルースの成立に関わったといわれている

 

2 ブルースの発見

1903年WCハンディによってブルースは発見される。

自伝では列車で眠って居た際に黒人が演奏し始め「男はギターの弦にナイフを押し付けながら演奏していた」「私がこれまで聞いたこともない奇妙な音楽をギターで奏でていた」

20世紀初頭では黒人の音楽家でも奇妙な音楽だったようだ。

その後、ブルースの12小節のパターンを用いて「メンフィスブルース」という曲が作られる

ほとんどラグタイムのような曲で、音楽的にブルースらしさは感じられない

その後デキシーランドジャズバンドやジャズ・コンボで~ブルースという曲が増える

ジャズバンドが主体で田舎風のギターやヴァイオリンはなかったそう

ペッシースミス、アイダコミックスなど、、、

その後、ギターを用いた「デルタブルース」や「カントリーブルース」が録音されていくようになる(1920年代)

 

3 ブルースの3つの源流

初期のアコースティックギターを用いた1900-40にかけてをカントリーブルースと言われる

 

ミシシッピ・デルタ・ブルース

白人との乖離が最も激しかった地域でアフリカのプリミティブなもの

リズムも12小節を守らずボトルネックでヒステリックに響き、不協和音も厭わないスタイルもあった

チャーリーパットン、サンハウス、より洗練されロバートジョンソンなどが生まれる

 

テキサスブルース

開放政策の進んでいた地域で比較的メロディアスで現代の形に一番近いスタイル

ブラインド・レモン・ジェファーソン、テキサスアレキサンダーなど

 

イーストコーストブルース

奴隷時代からある程度開放的で白人文化の影響を強く受けている

カントリーやバラッドの影響を受けラグタイムや後のフォークに影響を与える

ハーモニーを重視し西洋的に発展していく

ブラインドブレイク、ブラインドボーイフラーなど

 

4 ブルースの都市化 モダンブルースへ

第一次世界大戦(1914-18)を皮切りに軍事産業で活気づくNYやシカゴなどの都市へ北米する

都市部に展開するにつれ、ピアノとのデュオやバンドなどにエンタメ化、洗練されていくシティブルース

単音引きのギターソロなど見られるようになる

リロイ・カー、ロニージョンソンなど

 

ジャズバンドやピアノをバックに歌うクラシックブルースはブルースとジャズを繋ぎながらジャズに吸収されていく(1930年後半)

ペッシースミス、アイダコミックスなど、、

 

40-50年代、世界恐慌から第二次世界大戦にかけてまた多くの黒人が都市へ大移動をする

 

またブルースがジャズに接近することになる アーバンジャズ

Tボーン・ウォーカーが初めてエレキギターを取り入れる

チャーリークリスチャン(ジャズの初エレキギター)や単音弾きのソロをしていたロニージョンソンらと友好があり、コンボのバンドをバックにイントロや間奏のギターソロを入れる様になる

エレキギターだから成しえたことだろう

 

シカゴではシティブルースの反動としてまた泥臭いミシシッピデルタブルースエレキギター、バンドを通して行われる シカゴブルース

マディウォーターズなど

チャックベリーがこの頃のブルースに影響を受け、音使い、泥臭さなどがロックンロール、ロックなどに受け継がれていく

 

その後ラジオの普及やBBキングらによって統合されていく。 モダンブルース

 

5 ブルースの多様化

この辺りから文献知らないのでまたあったら加筆するかも

ロックはもちろん、ファンクやヒップホップなんかと近づいたりしているらしい

全部ブルーススケール使うし何を持ってブルースの曲とするかも僕には難しいが、、、

ブルースの形式上で引き倒すのがブルースだと思ってます。

 

1960年前半からイギリスへアメリカのブルースのレコードが輸入されブームに

ローリングストーンズ、クリーム、アニマルズなどブルースに影響された世代がアメリカに逆輸入される形で入ってくる

エリッククラプトンとかジミヘンドリックスとかが科学反応を起こしてその後の音楽を作っていく ブルースロック

 

ブルースファンクの人はアルバートコリンズとかリトルサニーとか

 

あなたの聞き方を変えるジャズ史 村井康司

ブルース wiki

https://ja.wikipedia.org/wiki/ブルース

ブルースの歴史と偉人伝

https://www.aki-f.com/kouza/academy/

sloth studio

https://sloth-studio.net/music/407/

シンガーソングライター 飯田正樹の音楽知識のすべて

https://iida-masaki.com/ongaku/bluesrock.html

死海のほとり 遠藤周作

1973著。キリスト教を扱った本。旅の体験記と聖書を砕いた物語からなっている。

体験記と物語が交互に進行し村上春樹世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」を連想させる。

灰色の街、廃れた修道院のような暗い場面が多い。

 

キリスト教の聖地イスラエル(一応戦争中)への旅から日本の世界二次大戦、ナチスユダヤ人虐殺、キリストの磔刑などの話が織り交ざり話が進んでいく。

 

一部キリスト教に縁がないと読みにくいところもある。キリストはいつもわれわれのそばにいる。とか。

全体をなしているキリスト教の思想は一般的なものとかけ離れている。(本の中にも古い考え方だと言われている)

 

イエス像とは何なのか、旅の中で探していく。

しかし今イスラエルにある石碑や聖書の言葉は後世の人々が神聖化し本来とは違うものになってしまっている。というのがこの本の基盤的な考え方。

 

神話化されたパンが永遠に湧いたり水を葡萄酒になる話はそぎ落とされ 結局誰からも見落とされ死刑にされるイエス像が描かれている。

 

働きもせずプラプラ旅をして誰も相手にしない病人や女子供らを慰める姿は確かに良いのか悪いのかは判断がつかなかった。

愛に生きるとはこういうことらしい。

 

作者も考え付いた先に見たイエス像に困惑する。

犯罪者の身代わりになって死んだイエス・キリストは何をしたかったのか。

その後現実は簡単には変わらないと死刑執行したローマ人が言う中 どういうわけかキリスト教ができあがる。

誰もがやさしい行動をするときにイエスキリストの姿をそこに見る。

 

キリストの生き方を見ながら自分を見つめなおす本だった